So-net無料ブログ作成
検索選択

「KANJANI∞ LIVE TOUR!! 8EST ~みんなの想いはどうなんだい?僕らの想いは無限大!!~」 (4) 9月16日ライブレポ後編 [KANJANI∞]

引き続き、関ジャニ∞の味スタライブ9月16日レポ後編(∞レンジャー以降)をお届けします。

だいぶ記憶も薄れたので、これまでのレポに比べて薄味になっている・・・はずです(笑)。

コンサートグッズレポはコチラへ

ライブ前編レポはコチラへ

∞レンジャーレポはコチラへ~☆


それではようやく完結編。興味のある方は「続きを読む」からお入りくださいませ。



「∞レンジャー」のくだりが終了し、「Cool magic city」を歌いながらトロッコに乗ってセンターステージへ戻り、MCが始まります。

「エイトのMCは長くて面白い」と噂に聞いてはいましたが、聞きしに勝る可笑しさでした(笑)。

この日、MCの途中に、ライブとは全く別のイベントで、遠方で花火が打ちあがったみたいなんですね。スタジアムの西方向に上がったみたいで、東スタンドの観客が歓声を上げたのですが、何も見えないアリーナ(ステージのエイトさん含む)や北スタンド、西スタンドは何があったのか皆目わからず。


横山:「なにー?なんか見えたん?」

東スタンド「は●△■※~~~!!」

大倉:「・・・ファスナー?」

横山:「!!!」←思わず自分のファスナーをチェック

↑実は横山君、これまでもズボンのファスナーが全開だったり、ベルト通しが1つだけ通ってなかったりいう事が時々あったそうです(笑)。(←「村上信五ドッキリ企画」でも、ベルト通しにちゃんとベルトが通ってない姿がバッチリ撮られています)

最初は歓声がうわんうわんするばかりで聞きとれなかったエイトさんですが、やっと大倉くんが理解できた様子。


大倉:「あ、花火?花火って?


・・・君ら花火やなくてライブ観に来たんやろ!!」



と、一喝する大倉さんが、オトコマエ過ぎてシビれました。


そしてこの日のMCのメインは、ヒナくん(村上)と、「猫のちーちゃん」のお話(笑)。

とある番組の収録で、マンチカンの仔猫と運命的な出逢いを果たしたヒナくん。そのまま買い取って、「ちーちゃん」と名付けて飼い始めたそうです。まだ生後3か月なんですって。そりゃ、可愛い盛りでしょうね~☆

口火を切ったのは横山君。彼はこういう、ネタになりそうな(=お客さんが喜びそうな)話題をメンバーから引き出すのが、本当に上手です。「なぁお願い!一生のお願いやから、聞かしてー!」とかお願いされると、ついつい話をしてしまう・・・みたいな空気を作るのが巧いな~。

MCのトークだけではなく、∞レンジャードッキリ企画など、「こうしたらファンが喜ぶ」と直感する勘の鋭さや笑いに対するセンス、それを実現させるまでの天才的な集中力や実行力には、本当に感服します。

私はきっと、天才と職人に目がないんだな・・・と、エイトのMCを聞きながら悟りを開く、晩夏の味の素スタジアム・・・。


横山:「なぁなぁ、昨日帰った時のちーちゃんはどうやったん?」

村上:「昨日?昨日はー・・・ドア開けたら寝とったみたいで、ただいまー言うたら、わぁー!ってあくびしよった。かわいかった~☆」

横山君:「(笑いをこらえつつ)うん、ほんで?」

村上:「水やったら飲みよって。餌もあるでー言うてんのに水ばっかり飲みよった。」

渋谷:「芸とかすんの?」

村上:「猫は芸とかせんやろ」

丸山:「でも俺、テレビで見たけど、まぐろ食べたら『まぐろうまいうまい☆』言う猫がおんねん」(←モノマネつき)

(中略)

横山:「じゃあさー、今までのちーちゃんでいちばん可愛かったベスト3やって!!第3位!だーだん!とか自分で言いながら」←なおもぶっ込む

村上:「もう・・・第3位!!だーだん!!」←ちゃんとやる(笑)

村上:「飼い始めた日の夜、箱開けた時にどこいったらええかわからんでそーっと顔を出した時」

大倉:「かわいい!」

安田:「かわいい!!」

村上:「(箱の上に)足をぽんってやって、そーっと顔出して。あんときは可愛いなぁ思て見てた」

渋谷:「家に帰ってきた時?」

村上:「そう、初夜や!」

大倉:「初夜って!!あははは!!」←大爆笑

丸山:「あ、猫のことやからね~」←客席に向かって

横山:「そのフォローいらんわ!」

村上:「第2位!だーだん!!鈴買ってきてつけたった時。」

横山:「鈴?ペットショップ行ったん?」

村上:「おお」

横山:「お前がペットショップ行くようになったか・・・」

村上:「で、鈴をつけたったら、それ取ろうとしてひとりでコロコロ転がっとった時」

横山:「ちーちゃん可愛い?」

村上:「お前がいちばんフィーバーしとんな」

横山:「お前がちーちゃん可愛いって言ってたら、何かええなって思う」←ヨコヒナ萌えキタコレ☆(゚∀゚)☆

村上:「第1位!だーだん!!シャワーを初めて浴びせた時、ふにゃーってした顔が可愛かった!」←ここにくるまでに色々やりとりはありましたが、教育上の配慮のため、要約させていただきました(笑)。

横山:「そんときのリアルな感じやって!!それ(ふにゃーってなったちーちゃん)見た時のリアルな感じやってや!!」

村上:「ちー!ちー!ほら、バタバタすな、ちー!ん?お前大丈夫か、ちー?(のぞき込む仕草)おお、お前可愛いなぁ!!」


リアルに再現するヒナくんに、笑い転げるメンバーならびにエイターの皆さん(笑)。

この後、丸ちゃんからベストアルバム「8EST」の発売と、東京ドーム公演&京セラドーム公演の発表がありました!東京ドームは11月10~11日、京セラドームは12月30~31日、2013年1月1日の3日連続公演です!

MCが終わってメンバーがはけた後、映像へ。

∞祭で開催された「ガチンコ祭り!センターは俺だ!」で、実際に繰り広げられたゲームの模様が映し出されます。

このゲームで優勝したのは横山君で、新曲のセンターポジションを獲得!一方、ビリ2名になった錦戸くんと丸ちゃんには、罰ゲーム「ほほえみデート」が待っていました・・・。

ここで、横山君センター曲の詳細が発表されます。作詞は横山くん、作曲は安田くん。実際に2人が曲について打ち合わせを重ねている場面も映しだされます。

そして、センターステージのモニターに表示された新曲のタイトルは・・・



「クルトン」



次の瞬間、メインステージには、ピカピカの笑顔でセンターに立つ横山君!!周囲には、可愛くポーズをとるメンバーの姿が!!

いや~ん!何これ、超カワイイんですけど!!

そして両脇のモニターには新しく撮影されたPVも!!半ズボンにジャケット、蝶ネクタイというキュートな格好でクルクル回っているのが、可愛すぎて仕方ありません!!

新曲は、「♪ クルクルトントン クルトントン」というサビのメロディーがとても覚えやすくて、ついついリズムをとってしまいます。でも、「♪ 君の未来に僕はいるの?」という歌詞も不意打ちで入ってきて、キュンキュンですわ~!!

サビは横山君がセンターなのですが、メンバーも入れ替わり立ち替わりセンターでクルクルとやってくるのが、ほんっとに可愛い!!帽子にはクルトンっぽい立方体の飾り付けもあって、それがやたらリアルでちょっとウケました。

いやぁ、横山ワールド全開!という感じの「クルトン」。


とにかくニコニコ☆キラキラスマイルを絶やさずにクルクル踊っている横山君の姿が可愛すぎて可愛すぎて・・・



悶絶。ヾ(≧∇≦*)〃はうぅっ☆



が、しかし!!ここで満足するのは早いのです!!


「クルトン」が終わると、身に着けていた帽子とマントを取っ払ってスーツ姿に。

続いては、「ブリュレ」と「Dye D?」。

ひたすらカッコいいエイトを堪能できるナンバーがそろい踏み!!ここはめっちゃテンション上がりました!!

私は「Dye D?」で横山君が担当している吐息まじりの「♪ 嗚呼~」を聴くたびに腰砕けになっていたのですが(笑)、今回、その吐息まじり「嗚呼~」を、もっちろん生で聞いちゃいました!!


えーと、あまりにも色気ダダ漏れな吐息に、




恍惚。

・:*:・( ̄∀ ̄)。・:*:・ホウ・・・☆




いま思い出しても、うっとりしちゃうわ~。ホントに素敵でした。

横山君、お歌は苦手みたいだけれど(←テレビ東京「ありえへん世界」にて、天下の美輪さんに「あなたの歌は公害」とまで言われていた・・・)、声質が綺麗で艶があるので、もっともっと歌って欲しいなぁ~。吐息ももっと聞かせて欲しいわ~☆(←欲望爆発)


たしか、ここで1度、「八田商店」の映像が入りました。


ここからは、初期のエイトの代表曲がたてつづけに登場!「∞ O'clock」「旅人」と続きます。「旅人」は、とても好きな曲なので、∞祭に続いてまた聴くことができて、嬉しかった!!


メインステージにせり上がってきたのが、「太鼓の達人」、大倉くん。巨大な和太鼓を打ち始めます。


そして、始まったのが・・・「浪花いろは節」!!

デビュー当時の衣装を着たすばるくんが上手サイドステージで美声を響かせます。


その場で早替えすると、これまた名曲「大阪レイニーブルース」を熱唱。

この曲は手ぶりが特徴的なのですが、すっかり夕闇に包まれたスタジアムにゆらゆらと揺れるペンライトの光の海が泣きそうになるくらい美しくて、思わず手を止めてその光景に見入ってしまいました。


そこへものすごい勢いで登場するのが、大阪のおばちゃんに扮したヒナくん(笑)。1人で「∞SAKAおばちゃんROCK」。ここからは懐かしのユニットコーナーです。

「今日は久しぶりにあの子たちがテレビに出るのよね~」と、リモコンを操作すると、モニターに浮かび上がったのは「三兄弟」の文字。まさかの復活に、エイターのボルテージが一気に上がりました!!

「三兄弟」とは、長男・ユウ(横山)、二男・チパ(安田)、三男・春”(ばる/渋谷)によるユニット。「プリン」はユウ作詞・チパ作曲の、とっても可愛らしい楽曲です。

まさか・・・まさかこのユニットをこの目で見ることができるなんて・・・感無量です(笑)。


続いてはバックステージで、錦戸君と大倉くんによるユニット曲「torn」!!

錦戸くんは黒、大倉くんは(確か)深紅のスーツで、ガンガン踊ります。

関ジャニ∞のエースコンビと言っても過言ではない2人の疾走感あふれるダンスに、スタジアムは絶叫。やっぱりこの2人は、すごい人気です!!ホント、絵になるコンビ。バックステージからトロッコでセンターステージに移動する時なんて、尋常じゃない悲鳴でした。

「torn」の興奮冷めやらぬ中、ヒナおばちゃん(笑)がリモコンを操作すると、メインステージから登場したのは、これまた伝説の漫才コンビ、山田!!丸山くんと安田君です!!うっそおぉぉぉ!!山田まで見られるなんて!!

丸山:「昔の衣装のままですね~」

安田:「あの頃、僕らいっぱい赤っ恥かきましたねー」

丸山:「僕なんか、今でもあおっぱな垂らしてるって言われますよー」

田:「・・・あおっぱな?」


ここできた、最新シングル「あおっぱな」!!

三兄弟だのスーツ姿のtornだの、山田だの、なんかえらい風景のまま、ラストに向けて盛り上がるスタジアム。こういう、色々なユニットや試みにトライしながら、「現在(いま)」まで突っ走ってきたんだなぁと思うと、胸が熱くなりました。


最後の方は年上組(横山・渋谷・村上)で客席を盛り上げます。

いつの間にかメインステージにバンドセットが組まれて、ここからはバンドセッション。

ここでまず演奏されたのが、ライブで必ず盛り上がる「ミセテクレ」。すばる君が冒頭に「ミセテクレーーッッ!!」と叫ぶのが、本当に男前で。この絶叫も生で聴くことができるなんて・・・感動・・・。

この時だったかな?トロッコ移動があって、錦戸くんが私たちのブロックの真横を通ってくれました!

距離3メートルから見る錦戸くんは・・・めっちゃ顔の彫りが深かったです・・・(うっとり)。

私たちの前に、黄色のフリルスカート(手作りっぽい)と黄色のカチューシャをした、錦戸担と思しき女子高生っぽい子がいたのですが、錦戸くんが彼女に向かって、小さく手を振ってあげたんです。一瞬の出来事でしたけど、あまりの興奮と衝撃に、彼女は椅子に倒れ込んでしまい、お友達(←こちらはおそらく大倉担)に抱きかかえられていました。

恐るべし・・・錦戸マジック!!!!((( ;゜ Д ゜)))


メンバーがメインステージに戻ると、バンド編成へ。

「Do you agree?」「Eightopop!!!!!!!」と疾走感のあるナンバー続き、いよいよ最後の曲になってしまいました。


最後の挨拶は、錦戸くんから。


錦戸:「今日は皆さん、ありがとうございました。

8年前は、1000人の客席も埋められなかった僕らですけれども、

こうやって、今みんなに囲まれて・・・

今までやってきたことは間違いじゃなかったって、確信してます。

これからも僕らの、まぁ自分でも言うのもなんですけど活躍にご期待ください!!」



錦戸君がせっかく良い挨拶をしているのに、(特にスタンドから)「亮ちゃーん!!」コールが何回もあって、耳触りでしたわ~。

嵐さんのライブDVDでもこういう光景を時々見ますけれども、実際に自分がその場に居合わせてみると、想像以上に会場に響くし、そのせいで錦戸くんの声がかき消されて聞きとれないし、本当に迷惑。メンバーによる心からの挨拶は、静かに心で受け止めたいです。

でも、そんな空気の読めない勘違いコールをガン無視して、挨拶を言いきった錦戸くんの男気には感服しました。最後は無言のオーラでコールを鎮めましたもんね。それでこそ浪花のオトコマエや、どっくん!!(←一度呼んでみたかった)


最後の曲は、「BJ」。


シングル「ワッハッハー」のカップリングなので、私は初めて聴いた曲。ううう、最後に知らない曲がきちゃった・・・。でも、「♪ 素晴らしい今日よ さよなら」という歌詞には、ぐっときて思わず涙をこらえました。


7人のおかげで、私の「今日」は本当に素晴らしい1日になりました。その思い出を胸に、「形のない思いを空に放つ」ため、また人は明日と言う未来へ歩いて行くのですね。


最後は、八田商店の映像。お店のおばちゃんのもとに、7人が帰ってくる・・・という映像のあと、土の中のセミが映し出されます。

約8年の間、飛躍の時を待ちながら、暗い土の中でずっと力を蓄えてきたセミがついに翅を伸ばして、「∞」の字を描いて星の輝く宇宙へと飛び立っていく・・・。

エイトの道のりにも重なるそんな美しい映像が終わると、スタジアムには静かな、でもとても心のこもった拍手が起こりました。


☆-☆-☆-☆-☆-☆-☆


本編終了後、間もなく始まった「エイトコール」に、メンバー再登場!コンサートグッズのTシャツを着ています。

アンコールは、まず「マイホーム」から。

エイターとともに築き上げるこのライブの場所こそが、彼らの「ホーム」なんだろうなと思いながら、歌詞をかみしめながらじっくりと聞きました。

「急☆上☆Show!!」と「モンじゃい・ビート」はフロートに乗ってアリーナ外周を一周。

メインステージに戻ってきたメンバーたち。村上くんから挨拶があります。



「俺たちをここまで連れてきてくれた関係者に拍手!!」

「皆さんのすぐ近くにいる、会場の上にも下にも、中にも外にもいる全てのスタッフに拍手!!」

「ちっちゃい身体で、長い時間がんばってくれた子どものエイターに拍手!!」

「そして、子どもエイターを連れてきてくれはったお母さん、お父さんエイターに拍手!!」

「ライブを盛り上げてくれた男のエイターに拍手!!」

「そしてもちろん、俺らが心から愛する全てのエイターたちに、拍手!!」



村上くんはいつでも必ず、ライブの最後にはこれらの言葉を言うんですよね。そしてエイターさんたちも、自分の近くにいるスタッフさんや子どもちゃんエイターとその親御さんに向かって拍手を送るんです。胸が温かくなる光景です。

この日は、すばる君がお母さん&お父さんエイターに向かって、「その結婚、間違いなかったっっ!!」と叫んだのが、すっごく面白かった!!すばる君て、普段はそんなにしゃべらない印象ですが、ここぞという時の一言が抜群の破壊力。さすが師匠(笑)。


そして、横山君から「じゃあ、いつものやりますか~」と呼びかけが。


エイトのメンバー全員が手を繋ぎ、そして会場中のエイターも両隣の方と手を繋ぎます。

私の右隣はお友達でしたが、左隣は見知らぬ方(錦戸担)。すごく優しい方で、私が見るからに横山君ファンだと言う事で、横山君がステージやアリーナの左側にいる時など、さりげなく身体を引いて、見えやすいようにしてくださったのです。私もお礼にと、錦戸くんのトロッコが接近した時は、その方が見やすいように身を屈めてみたり。

一緒に楽しい時間を共有することで、こういう絆も生まれてくるのって、素敵ですよね。

最後の最後、横山君が音頭をとります。


「お・れ・た・ち・が☆」(ヒュー☆)


「最強でーっ!」(ヒュー☆)


「最高のーっ!」(ヒュー☆)


「関ジャニーーーーーっっ!!」



「エイトーーーっっ!!!」



繋ぎ合った手を空に向かって振り上げながら叫ぶと、次の瞬間、ドーンとウォーターキャノンが放出されて、フィニッシュ!!!


キラキラ輝く時間は水飛沫とともに、夜空に瞬く星のように、心の中でキラキラ輝く思い出になりました。


☆-☆-☆-☆-☆-☆-☆


ダブルアンコールは、「無限大」と「ひとつのうた」。うわ~・・・最後まで心奪っていくなぁ・・・。


そんなしんみりした気分はどこへやら、ここまで来るともう、メンバーもはっちゃけ祭り。

メインステからセンターステへ走って行ってスライディングするわ、スライディングしようとしてすっ転ぶわ(←横山氏)、サイドステージからメインステへ戻る途中に転倒するわ(←安田氏)、アリーナからバクステまでスタッフと本気の鬼ごっこを繰り広げて怒られるわ(←大倉氏)、大騒ぎでした(笑)。

サイドステージへやってきた安田くん。小走りで、満面の笑顔を浮かべながら胸の前で両手をひらひら振る姿が、めっさ女子でした(笑)。よく横山君に「安田の頭の中はお花畑や」と言われている安田くんですが、この時ばかりは、彼の背景に本当にお花畑が見えました(笑)。


最後の最後は、年長の横山君がきっちりと締めくくります。


「皆さま、今日は本当にありがとうございます!

関ジャニ∞、ここからツアー出発してまいります!

これからもよろしくお願いします!!」



この言葉を聞いた時に、彼らのアニバーサリーツアーの「出航」を見送ることが出来たんだ、その機会に立ち会う事が出来たんだと、心の底から幸せな、嬉しい気持ちになりました。

周囲のエイターさん達と声を合わせて、「行ってらっしゃーい!!!」と手を振って、彼らの旅立ちを祝福。メンバーも口々に「行ってきまーす!」「愛してるでー!」と言いつつ、はけていきます。


最後に残った丸ちゃん。

彼の持ちネタである「パァーン!」を、エイターたちと一緒にしたい様子で、もじもじ。

そして、満を持して・・・


丸山:「せぇーのーで、パ」

横山:「パァーン!!!」

丸山:「 (゚Д゚ ) 」


・・・年下の見せ場をあっさり奪い去る、大人げない横山君でした(笑)。

「やったった☆」みたいなドヤ顔で、小さくガッツポーズしながらはけていく横山君。いたずらっ子全開で、抱きしめたくなるほど可愛かった!!

それでも心折れない丸ちゃん。横山君がはけたのを何度も確認すると、やっとエイターのみんなと一緒に「パァーン!!」を決行。大満足な笑顔で、ステージを去っていったのでした(笑)。


☆-☆-☆-☆-☆-☆-☆


想像以上に長いレポとなってしまった関ジャニ∞ライブレポ。しかも、今まででいちばん長文やし・・・(苦笑)。

最後まで読んでくださった皆さま、ありがとうございました!!


エイトの皆さん、最高の時間をありがとうございました!年末そしてお正月まで、健康に気をつけて、全国のエイターたちに愛を勇気を届けてくださいねー!!


nice!(0)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 0

コメント 6

まりん

初めまして、先日の∞祭りの時、検索でお邪魔して以来ちょくちょくのぞかせていただいてます。
新しくエイトを好きになった方が抱いた気持ちが新鮮で楽しかったです。
とろりんさんがここで書かれたエイトへの感想は私がエイトを知らない方に伝えたいこととリンクしててうれしくなりました。
またお邪魔しますのでよろしくお願いします。
(16日はドリブラは無かったのでは?)
by まりん (2012-09-23 22:10) 

★とろりん★

まりんさま、

初めまして!コメント、ありがとうございます!!

ジャニコンレポは初めて書いたので、試行錯誤の連続でした。
でも、本当に素敵な、素晴らしい1日でした。
見るもの聴くもの感じるもの、初体験の連続で、
ここ最近で、いちばん「心が動いた」時間だったかも知れません。

「DREAMIN' BLOOD」の件、ご指摘ありがとうございました。
さすがにセットリストは自信がないもので、色々なブログの情報を
参考にさせていただいたのですが、きちんと編集しきれていなくて・・・。
「ドリブラ」って略するんですね。勉強になりました!



by ★とろりん★ (2012-09-23 23:34) 

あんどーなつ


やっぱり最後までおもしろい!!♪
ちーちゃんのくだりかわいい(*´`*)♥
らんとむさんの時と負けないくらいのテンションの上がり方ですね 笑

ちゃんとオチつけてはけていくんですね~(*^^*)

by あんどーなつ (2012-09-25 21:17) 

★とろりん★

あんどーなつさま、

コメント、ありがとうございます!!

ちーちゃんのくだり、かわいいですよね~☆
たくさん笑わせてもらいました☆
最後の最後まで、会場のエイターと楽しみたい、
というエイトの気持ちがたくさん伝わってくるライブでしたよ。
by ★とろりん★ (2012-09-26 21:11) 

苺

はじめまして(*^_^*)

私も、味スタ2days参加しました。

レポを、"あっ。そうそう"と思い出しながら、読みました。

昨日の事のように思い出されます。

16日のMCも、聞こえづらかったりしたので、こちらのレポ

を読みまして、解決しました(^◇^)ヒナちゃん好きの私には、

ちーちゃんの話は、うはうはでした。

やっぱりエイトは最高!!





by (2012-09-28 22:03) 

★とろりん★

苺さま、

はじめまして!コメント、ありがとうございます!!

味スタ、2日連続で参加されていたのですね~!羨ましい!
会話の部分は「こんな感じやったかな?」という程度の記憶なので
言い回しなど違うかも知れませんが、お楽しみいただけて何よりです。

ヒナくんは実は出身地が同じなので、「同郷の星」として応援してます。
本日の長居ライブ、中止になってしまったのは残念でしたが、
その日のうちにエイトさんからメッセージがアップされましたね。
エイトとエイターの関係って、本当に相思相愛だなと、メッセージを
読みながら胸が熱くなりました。
by ★とろりん★ (2012-09-30 13:34) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。